top of page
  • 執筆者の写真GAN

あるべき場所へ

今日は櫻子インストラクターのレギュラーレッスン最終日でした。


約4ヶ月ほどでしたが、櫻子さんと仕事ができて、良かったと思っています。


メンバーさまには、突然のクローズで申し訳ないばかりです、、、。



早めに言っときます、これ以降はサクちゃんと呼ばせてもらいます。。。



小学校の2、3年生ごろにこのHOODに通ってくれるようになって、



当時のキッズ育成クラスやLOCKクラスに通ってくれたり


怪我でも苦労してたことを覚えているけど


WAACKを自分のスタイルにするといってからは


この写真の頃とは想像がつかない表現力が開花し


あっという間に、WAACKダンス界隈では名前が通るようなダンサーになっていった。



サクちゃんのダンスを見た人はわかると思うけど


なんていうか、ワクワクするし、ヒヤヒヤするし


見てる側がエキサイティングするようなダンス


をするから引き込まれる。




ファンは多い。。。



そんなサクちゃんが、いよいよ東京へ旅立つ。


正確には、発表会のスペシャルナンバーは責任を持ってやります!


と言ってくれたので、スタジオとしての付き合いは3月まで。



にしても、僕的に言ったらサクちゃんは


自分のあるべき場所に行った


と思っている。



サクちゃんをそう思っている人は多いと思う。



中学で自分のスタイルを見つけ、ダンスの事で県外にまで足を運ぶ姿は


当時のスタジオメンバーの中でも数少ないダンサーの1人。



もちろん、ママの引率があっての事です。




高校に上がっても真面目な性格がいいのかどうか


今になっては分からないけど



学業にも火がつき、デザイン建築とダンスの両立をこなしながら


活動を続けていた。ダンスもそれなりの結果を残しながら。。。



話だと、この建築の模型だけでも学校を代表するようなレベルらしい。


もちろん、ダンスもWAACKじゃ、全国レベルだと僕は思ってる。



学業をとり、さらに地元の大学を選んだ時


僕は???だった。



どれをとっても、静岡にいる規格じゃない。


ましてや、これからもっと思い切りやれる年齢になるのに何故?



って事で今年の春に静岡に残るならインストラクターをお願いして、


サクちゃんも、それなりに考えてくれていたみたいで


大学生活が落ちつてからレッスンスタート、となった運びだ。




結局、静岡レベルの大学で学べる「建築」に満足できず、もやもやしていたみたいで


そのんな中でも、大学生にもなれば県外のダンスイベントはもう好きに行ける。



ダンスの仕事で呼ばれることも多くなったようで、週末の予定がパンパン、、、。



そうなるとベクトルは自然に傾く。。。



あるべき場所に収まったわけだ!




サクちゃんはいつも大事な話を直接、僕に話をしてくれる。


話のできる「子」だと僕は思っている。


キッズ時代からの付き合いがあるメンバーも多いけど


サクちゃんの選択を僕は素直に応援してあげられる。




サクちゃんとサクちゃんママ。


僕たちスタジオ側は両方とお付き合いしてきた。


今もしてる。


サクちゃんには姉がいて、お姉さんの事でママと衝突した事もあった。


僕達はスタジオとして、違う事は違うと言わせていただく。




それは、メンバーさまがいて、インストラクターがいて、それぞれの立場がある。


そのバランスを取りながら運営させていただいている。


スタジオのバランスが崩れるような事があるなら、僕の立場で言わせていただく。




その子が、それが普通になってしまったら、ダンス業界ではなかなか上手くいかないか


いつか、「ごつん!」って日が来るからね。




そんな事があってもキッズ時代ほどって訳ではないけど


今でもお付き合いいただいている。


今日もサクちゃんママと話ができて良かったです。(同じ歳なんで。。。)




「中途半端ですみません」ってママ、


なるべくしてなった「子」です。。。




悪いおじさん達に騙されないように、ガンバってね!サクちゃん。


もうしばらく、よろしくお願いします。










(HOODstudioは静岡市にあるダンススクール、キッズダンススクール、ダンス教室、レンタルスタジオ、ダンススタジオです。)




最新記事

すべて表示

土臭さ

Comments


bottom of page