• GAN

そろそろ定員かな




ありがたい事に、最近人気の「キッズ ジュニア」クラス。




新規入会のメンバー様も増えて、おかげ様でこのクラスは 賑わっております。




スタジオは「キャパ」(広さ)が決められているので集客できる人数も限られます。




もう数名でそろそろ限界な気がする、、、。




人数もそうですが、レッスンをしていて思う事も。




いったい、これ以上の人数を抱えてレッスンをしている方達は




どうやってメンバーさん「1人づつ」を見てあげる事ができているのだろうか?




と。




「キャパ」が十分にあれば、好きなだけ集客できる事は可能だけど




受講者が増える程「1人づつ」をフォローする事が難しくなる。




「やり方がいろいろあります」とは言えども、




指導する側は人間だから、同時に全てのメンバーさんを「フォロー」するのは




正直、無理だと思う。




「アシスタント」を付けるのも1つの解決策かもしれないけど




「誰でも良い」って訳じゃ無いし、、、。





クラスをしていて思う事は他にもある。




「新規メンバー」と「既存メンバー」とのバランス。




どちらかと言えば、「新規メンバー」さんに「気」を使います。





何故なら、




始めての環境で緊張している中、更に「既に踊れる人いるし」みたいに思って




「萎縮」もしてしまうだろう。

(大体、一番後の列にポジション取るしね。)




こちら側としてはその「緊張」や「萎縮」を緩和しながらレッスンを進めていく訳で。





よくありの




「初心者はまずこの振りを覚えるところから」と言って





毎年、新規で入会していただいたメンバーが「いつも同じ振りを踊る」って





言う、「システム化」されたやり方もあるだろう。





みんな最初に同じ「振り付け」を覚えるから、ぶっちゃけそこに来ているメンバー全員が一緒に踊る事も出来る。





他にも「利点」はいくつかある。





人が増えてくれば、それなりの対応をしていかなければならいので「システム化」




していくのも良くわかる。





でも、「人間」です。「キッズ」です。「初心者」です。





先ほども言いましたが、「いろいろ複雑な心境」でレッスンを始めるのです。





「一番手厚く」「分かりやすく」「寄り添う」事が大事だと思っています。






僕は敢えて「システム化」はしていないです。





「初めてもらう気持ち」を1番大事に考えています。





「この振り覚えておいてね」って言われても、、、。





「不安でしかない」だろう。





「もっと詳しく教えてください」が心の声じゃ無いかな?





経営を考えたらそりゃ「集客できるだけしてしまえ」ってなるのだろうけど




メンバー様は「個性」があります。





「ついてこれる人だけついて来てください」




とは僕は言えません。




既存メンバーさんも当然の様に大事にしながら





「新規のメンバーさんを大事に!」





は「限界」があるはず。





そろそろ「キッズ クラス」は定員いっぱいかな。





もう数名様子を見て、判断しよう。







お越しいただいているメンバー様に今日も感謝です。



















(HOODstudioは静岡市にあるダンススクール、キッズダンススクール、ダンススタジオです。体験レッスンは無料!)



閲覧数:76回0件のコメント

最新記事

すべて表示

土曜日は

日曜は