top of page
  • 執筆者の写真GAN

たった、2エイト されど、2エイト




今日の育成クラス。



先週のレッスンでの課題。



動画を使わず、「振り」を覚える。



「観察力」と「洞察力」はもちろん、



たった、2エイトだから



簡単な「記憶力」も試される。





振りの練習日でもある今日は



最初に皆んなだけで踊ってもらいました。





が、、、、、、、、、、、、、。




完璧に覚えていたのは1人。





他のほとんどがほぼ、覚えておらず、、、。




日報に書いた練習時間は、一体なんの練習をしていたのか、、、。




動画の落とし穴はここにある。



動画を頼るのは悪い事では無いが、それが当たり前になると




ふとした時に見ておきたい事を見逃したり、



自分の興味をひくダンスを見た時に、記憶として焼き付ける事も無ければ



再現する努力もしない。




ダンスは常に動画に収める事は不可能。



ワークショップなど、動画禁止もあるので




いかに自分で覚えている事ができるか?




で吸収力が変わる。




再現しなければきっと忘れてしまうが、、、。





どういう形でも良いから「記憶に残す」事と「再現する」事ができれば




いつでもどこでにいてもダンスのレベルアップが望める。




昨日のダンスバトルでも、自分より勝ち上がったダンサー達が



どういう風に踊っていたか?




が研究できで、一度自分でも意識して再現してみる。




とても大事なこと。






これは今後レッスンでとても必要な事なので今日のレッスンは進めず、



自分達だけで「振りお越し」をしてもらう事に。




レッスンも残り20分だったので、15分まで様子を見ていたけど、




どうにもこうにも進まない。





で、これじゃ話にならん! ということで




たった2エイトを一緒に振りお越し。




結果、「秒」で終わったわけで、、、。





で、僕は問いかける。




今日、覚えて来てたら「振り」を進められたよね。


でも、覚えてこないから15分かかっても思い出せないよね。


でも、覚えて来ていたら「秒」で次に進めたよね。


じゃ、上達する速度を上げるにはどうしたらいいかな?



「最低限でもやる事をちゃんとやって来る」



だね。





考え方の問題も説明した。



今やっている「振り」というものがどういった「ステップ」や「動き」で作られているか?



を考えて、レッスンでやっている





「動作としての変化」



「曲に合わせたリズムの変化」





を考え練習していければ、あっという間に時間も過ぎる。



自分で膨らめた動きだから自信を持って使える!





新しいモノ、自分だけのモノを作り出す楽しみ。


仲間を出し抜く楽しみ。


吸収する速度が上がれば、試してみたくなる楽しみやその結果の期待。




ワクワクしかない!





たくさん、やらなくても



「今、本当に必要な事」



を確実にやっていくことが、上達の早道だと常々思う。





レッスンの最後には、



「じゃ、これからはしっかり振りを覚えて来て、何十倍もの速度で上手くなっていこう!」



なんて、一応理解できたような言葉を聞いたので



少しは期待してみるが、基本僕は人に期待はしないようにしているので



暖かく見守っているとします。。。





ポイントだけを捕まえて、上手くやる!




これができれば最高。。。









(HOODstudioは静岡市内にあるダンススクール、キッズダンススクール、ダンス教室、レンタルスタジオ、ダンススタジオです。)



閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

土臭さ

תגובות


bottom of page