top of page
  • 執筆者の写真GAN

ダンサーだけの貴重な時間




ダンサー達はダンスをやっている者のみが感じる


「共有」「共感」


がある。




人の前で踊ることに最初は抵抗をもつダンサーは少なからず居るし


その一歩を踏み出せた時、けして上手くはないダンスだったとしても


踊った事にプロップスするのがダンサーだ。



そんなダンサー達が集う、身近なものに練習会がある。



レッスン以外でダンスに向き合う向上心のある場所。


一人で練習に取り組まないと気が散るダンサーもいるが


同じ時間にダンスをシェアし合いながら踊るのも楽しい。



「どちら派」でもやることやってれば、良いと思う!



練習会の良さは共有する仲間がいる事。


また、他人が見ていることの緊張感(この緊張感はそのうち無くなりますが)が


あったりで意外と手を抜けない事。




そして、歳上だったり、上手なダンサーを見ることができるから、


良いものいっぱい吸収できる!

(せっかく練習会に参加したならこれはして欲しい。見てやってみて吸収する!大事!)



だから、ダンサーによっては真剣に取り組んでいたり、


できれば踊らない人にはなるべくご遠慮いただきたい、


と思っているダンサーも居て。



皆んな、人がいいから言わないだけ。。。



ダメな人はやっぱり誘っても結局、来なくなるね。。。




なので、せっかくのダンサー達の楽しい時間に水だけはささない


アドバイスです。



せっかく練習をするつもりで来ているのに練習に集中できない環境では


その内、練習会に参加するダンサーはだんだん減っていく。


せっかくの環境が、勿体無い。



スタジオが主催する練習会は親御様の見学は「OK!」にしていますが


それ以外の練習会は誰か「個人」「その仲間達」が主導になって開催されるから


ルールが違います!



社会人が主導であればその世代も参加する。



スタジオメンバーだけの練習会なら知っている顔ばかりだから


特に問題はないが、社会人も来るしスタジオメンバー以外も参加するとなると


配慮が必要となる。



広いスタジオならまだしも、狭いスタジオでは練習に参加するダンサーのみで


いっぱいになる。



ジャンルによってはダンサーはめちゃくちゃ場所を使います。


ヒップホップに関しては場所を使わない練習をしてしまうと悪い癖


が付く世代も居るのでスペースの使い方は特に注意している。



ミューユークに行った時、名だたるハウスダンサー達が集まる練習会に行かせてもらった事がある。



憧れのダンサー達の前でいきなり踊れる訳もなく、ただじっと見てるだけ、、、。


その時、言われたことは


「見てるだけじゃなく、踊ろうよ」


「お前のスタイルを見せてくれよ」



と英語でわからなかったから、連れて行ってくれた日本人ダンサーに聞いた。



「ここに来たら踊った方が仲良くなるよ!」


「逆に踊らないと失礼かも。。。」


って言ってくれた。


照れながら踊った記憶もある。




だから、ダンサー以外の方は


「長居しない」


ことをおすすめします。




先ほども言ったとおり、皆んな人が良いから言わないだけかも。



気になるなら、最初の数分とか終わり頃の数分に「ちょい見」


ぐらいが良いじゃないかと。。。



特に「せまい」スタジオではね。





初めてで、キッズで心配だったら、そこの責任者に「理由」を伝えることが


大事。




いきなり知らない人が座ってずっと見てるのは気になる。。。


尚更、せまくて邪魔になってると気を悪くさせる。。。




楽しいものを楽しいまま続けていける


ちょっとした「配慮」があると。


そこはダンサーにとってとても良い環境。




そして、練習に来たダンサーは練習に集中するべし!


練習に集中できないなら、本末転倒。




練習会はとても貴重な時間!


有意義な時間になれ!








HOODstudioは静岡市内にあるダンススクール、キッズダンススクール、ダンス教室、レンタルスタジオ、ダンススタジオです。)




最新記事

すべて表示

土臭さ

Commentaires


bottom of page