top of page
  • 執筆者の写真GAN

バトルレジェンド





日曜は「バトルレジェンド」でジャッジでした。



長丁場のお仕事、嫌でも気合が入ります。





結論から言えば、



レベル、高っ!




特に、10代までのレベルが高かった!



もう少し言うと小学生のレベルの高さが印象的だった。





イベント全体を振り返ると長くなってしまうので



強く思った事だけ、まとめて。。。






先ずは、「パワーの違い」



「違い」って言うから比べるモノがあるので




ここではハッキリ言っておくと




今回のキッズ世代で目立っていた愛知県などの県外勢


と、静岡ダンサー達のこと。





単純に「エネルギーに満ちたダンス」ってこと。



ダンスに力強さがある。




同じ技術を持っていても、



「見せ方」によって「見え方」



も変わる。





ダンスバトルになると、綺麗に踊るより、エネルギッシュに踊った方が印象が良い。



逆にサークル予選のような「バトル」より「オーディション」



に近いモノは落ち着いて「技術」や「上手さ」



を見せていけると、ジャッジも納得する。




「力強さ」はキッズ世代には「武器」の1つ。





だから、教える側もめちゃくちゃ考える、、、。


もう数年、考えてる、、、。



どうやら、筋トレとかのレベルでは無い気もしてる。



なんでかって?



日曜のバトルで見たキッズ達は決して、筋肉ムキムキでは無いから。




むしろ、細い!



だから、ヤバい!




決して、 




「パワー = 筋肉」



では無い。




身体の使い方が上手く出来ている証拠だと思う。



だから、これは



「僕ら=インストラクター」



の仕事だと思っている。



だって、キッズ相手に合理的に話しをしても伝わらないからだ。



だから、やる事ははっきりしてるとも言える。




もちろん、いろいろ試して、これからも皆んなに合うやり方を研究するしかない!






でも、足りないことばかりでも無かったようで。




僕以外のジャッジもいたわけで。。。






予選サークルを1回でも上がれたダンサーは収穫あり!



素直に自分を褒めていいと思う。




それだけ、ビギナーと言ってもあのビギナーはビギナーじゃ無い!





それと、ジャッジ控室での話しの時



どうやらHOODダンサーの数人の「音の拾い方」と「質感」


に好感を持ってくれてたりもした。



これは素直に嬉しかった。




正直、「パワー と 質感」の両方を持つのは



まだキッズには難しいと思っている自分がいるからだ。



ただ、これが出来ると、



頭一個、飛び抜けられる!



一個どこじゃ無いかも。。。




それだけ、パワーは大事だとも、改めて感じたイベントだった。





HOODからエントリーした皆んな!


GOOD JOB!」です!



結果はどうであれ、挑戦しなきゃ、スタートにも立って無いもんね。





バトルって


会場、遠いです!



エントリー、観覧入場、高いかもしれない!



でも、負けてすぐ終わっちゃうかもしれない!



だから、待ち時間、終わり時間、長いかもしれない!



なかなか結果、出ないかもしれない!



メンタル、やられるかも!



more...



でも、この悩みのレベルを遥かに超えた世界で活動しているダンサー達がいる。




目指すは、「普通がこのレベル」だ!











(HOODstudioは静岡市にある、ダンススクール、キッズダンススクール、ダンス教室、レンタルスタジオ、ダンススタジオです。)




閲覧数:57回0件のコメント

最新記事

すべて表示

土臭さ

Kommentare


bottom of page