• GAN

新年度、初レッスンが今日も




今日も天候が良く、過ごしやすい日でしたね。



今日は新年度初の「育成クラス」のレッスンでした。



今年の「育成クラス」は5人でのスタートになりました。




育成クラスは特に「オーディション」形式にはしていません。




「やる気」があって、体力的について行ける年齢であれば「受講可能」にしています。




そして前回でも記事にしましたが「育成クラス」は新年度のレッスン前に「親子説明会」を行っています。




レッスンでの「心構え」などの説明をさせていただいています。



ちょっと硬く感じるかもしれませんが、「心構え」があるか無いかでも「取り組む姿勢」が変わると思っています。



「どういう立場」のクラスであるかを意識するだけでも、変わってくると思います。



例えば、サッカーや野球などの「名門校」に進学とあれば、嫌でも緊張するだろうし、そもそも「強豪校」に通う事は基本、その事柄については「意識の高い人」が集まる気がします。





ダンススタジオはどうだろうか?



いろいろな目的で通っていただいているので、中には1つの「習い事」として通っていただいている子供達もいる。




「一生懸命やりたい!」人と「ボチボチ」でいい人、同じレッスンを続ける事はできません。




上手になりたい人には「それなりの内容」を持って指導にあたっています。




インストラクター、親御様が「真剣」に取り組むのに受講する「本人」がその気になっていなければ、まったくの無意味。




とはいえ、まだまだ「キッズ」なので何となく分かってくれるだけでも良いと思っています。




「親子説明会」には緊張感があります。




これから選択するクラスがどういう気持ちで取り組めばいいかが、「肌」で感じる事ができると思っています。




今年も少人数でのスタートなりますが、その分、一人一人をちゃんと見れます。



敢えて、「システム化」せず、その時に集まったメンバーの個性を見極め、そのメンバーに合わせたレッスン内容を考えています。



人はそれぞれです。



1つの「型」にはめるには「窮屈」です。



表現は自由。




「振り」もイケるし、「フリー演技」でもイケる。




ダンサーの「理想像」がこれです。





本日も日中からいろいろと動きまわり、バタバタと1日が過ぎて行きました。





いろいろな方達との出会い、繋がりに感謝の1日でした。




閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示