top of page

絶対悲観主義




考え方の話。



経営学者の先生の著書。



世の中は甘くない。


物事は自分の都合の良いようにはならない。


もっと言えば、上手くいくことなんて1つもない。



これが「絶対」悲観主義。



出そうだ。




あらゆることについて上手くいかないという


前提を持っておく。




何事にも上手くいかないだろう


と構えておいて、



まぁ、ちょっとやってみるか。。。て





これが、「絶対」悲観主義者の思考と行動、だそうです。




僕の経験上で言うと


必要以上に期待しないで


粛々と取り組む、、、




という事に近い気がする。




僕は常にそう思ってます。



「期待しない」



少し冷たくも感じる言葉かもしれないけど、




自分を傷つけない


為にも




相手を傷つけない


為にも



大事な事だと思ってる。




期待は「先読み」。



これから起こる「未来」



への結果を期待すること。





未来がわかる、見聞色を持った人なんて


いるのかな?




期待は勝手にこちら側がすること。



いくらさぁ、相手が


「任せておけ!」


っていっても、ほどほどに。




期待もするけど、


そうじゃなかった場合も考えておく。



あらゆる準備をして時を待つ。




そう考えれば、


相手への依存も減る。


気持ちも楽になる。




失敗したけど取り返しのつかなかった、、、


ってことは、人生でそんなにたくさんあるもんじゃない。




何とかして来たはず。




だから、これからも何とかなるはず。。。





準備はできる限り怠らず。




人は結局、期待する。。。


問題は期待の度合いのような気がする。




裏切られたんじゃなくて、期待しすぎたのかもね。。。




多分それは、傷付かなくてもいいことだったね。









HOODstudioは静岡市にあるダンススクール、キッズダンススクール、ダンス教室、レンタルスタジオ、ダンススタジオです。)



















最新記事

すべて表示

土臭さ

Comments


bottom of page