• GAN

自分に負けない

更新日:5月25日




相変わらず夜は寒いですね。



日中の天気も「パッ」としないので余計にそう感じます。



皆様はどんな気分でお過ごしでしょうか?





育成クラス



1つ1つの「ステップ」や「動き」を形にしていますが




どうやら、「レッスン」での「形」と「実践」での使い方が




「つながっていない」ようです。




体力を削りながら覚えたはずの「ステップ」

(ここでいう「ステップ」とは「重さ」や「大きさ」を表現に入れ込んだ「ステップ」のことを言います。)




は「実践」で使わずしてどこで使う?




いろいろと「課題」も見えてきたね。





初級クラス


どのクラスも「筋トレ」をしています。



「これ」を見ていると、その「個人」の「取り組み方」




が見えてきます。




「完全に力、ぬいてるよね」や「リズムには遅れてるけどついて行こう」としていたり、




「ほどけていない靴紐を縛り直したり」。笑




「筋トレ」って疲れるから大変だよね。




いつも僕は言葉をつけ加えます





「今日も自分に負けないように頑張りましょう!」と。




いつも言いますがダンス の習得は常に「自分と向き合う」



事になります。




だからこそ、「自分に負けないように」頑張ってほしい。




とにかく「自分軸」でダンスができるようになるまでは




これだけでもいいから頑張れたらいいかとも思う。




中高生ぐらいになると、自ずと「自分軸」でダンスをしだすメンバーさんが増えてくる。




そうすると勝手に「筋トレ」とかもするし、「自主練」も



する。




こうなると「習得」と「上達」は速度をます。




逆にどんなに幼少期からダンスを早く始めてとしても



「自分軸」が持てないと




「辞めてしまう」事がある。




「ダンスをしている理由」が見出せて無いからね。





最強は趣味としてダンスを捉えている大人達。




「楽しい」という理由のみで続けていける。




ダンスをする「目的」は人それぞれ。




「自分軸」が早く持てるといいね。





今日も感謝!








HOODstudio は静岡市のダンススクール、キッズダンススクール、ダンス教室です。スタジオレンタルも受け付けています。

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

重大発表