top of page
  • 執筆者の写真GAN

追われる者と追う者




少なからず悩まれている方もいると思うし



若い頃、僕も「追いかけた」事もあるので



今日はこんなブログ。




結論から言えば、


真似されるってことは、追われる存在になったのかも。


誰かの憧れになったから。。。




僕には先輩がいる。


尊敬できるかどうかは置いとて、笑。




僕が高校生の頃からその存在は知ってたけど、


カッコよくてしょうがない。



ピリついてて、怖いし、


でも、ダンスも上手いし、オシャレだし、ドレッドだし。。。



当時、静岡でもレアなヒップホップファッションのセレクトショップの店員で


そのショップに行くと見たことの無い、ダンスのビデオがながれていて。。。



近づきたいし、真似したいし。。。



洋服は高いから、小遣いじゃ何度も買えない。


だから、ショップに行く理由が見つからない。


でも、チラ見でもビデオ観たい。



買わないのに良く行った気がする。。。




それは確実にバレてて、チャンネル変えられたり、消されたりしてね。。。



洋服も着ているものチェックして、デパートで見つけて買ったりして。



よく真似しました。。。



あの当時の空気感からいって、


その先輩以外の周りのダンサー達は僕らのダンスチームを含め


あまり良い目で見ていなかった気がする。




ライバルって言ったらカッコいいけど、


多分、煙たいだけの存在だったと思う。。。



だって、ダンスは真似するし、ファッションも近い。。。



真似したくなるぐらい、カッコ良かった!


そんな存在に憧れて、なりたかった。





数年後、一緒にチームをやることになるのだけど、


本当に嬉しかった。



その頃から、僕の存在を知ってくれてたし、


やっぱり、故意にビデオのチャンネルは変えられてたし、、、。笑




で、その頃、静岡の街中をラジカセ肩に担いで歩いている


もうちょっと若い世代も出てきた。




その頃の話になると


彼らは僕らのダンスを見て、真似しだしたと言う。




ようは


真似されるってことは、注目され始めたってこと。


注目は、例えばダンスだったら、その複数の中にいても


目に留まるようになって来たってこと。



ストレートに言えば上手になったってこと。



そこには道ができたわけで


その道を同じように進んでみたいと思う


自分を目標にしてくれたり、憧れてくれたりする人が現れたってこと。



同じ道をたどったとしても同じ結果になるとは限らない。


その過程で違う道を作ったりもすると思う。




だから、ドーンと構えていれば良いと思う。



「やれるものならやってみな!」



って具合で。




結果、人それぞれ。



同じ選択肢で上手くいくことなんてないんだ。




そして、認め合える時が来たら、受け入れてあげられる気持ちがあったら



そこでまた、何か新しいモノが生まれる。




先に行く者は常に追われる。


だから、タフなクリエイティブさが欲しい。




追うものは追いかけるのではなく、あくまでも目標で


自分に合った道を早く見つけるべき。




人と違う道を進むのも大きな収穫になる。


どっちかっていったら、こっちの道の方が案外早いかも。。。









(HOODstudioは静岡市にあるダンススクール、キッズダンススクール、ダンス教室、レンタルスタジオ、ダンススタジオです。)




最新記事

すべて表示

土臭さ

留言


bottom of page