top of page
  • 執筆者の写真GAN

共通の思い





今日はこれまで、インストラクター、スタジオ経営をしてきた経験を踏まえた話。




メンバーさん(会員、生徒さん)とインストラクターは「信頼関係」で繋がっていると



思っています。




特に僕たちみたいに、幼児から小学生に教えている立場の人間は、その親御様ともこの




「信頼関係」があると思っています。






ダンスに悩んだりしたときは、とりあえず教えてもらっているインストラクターに



相談するのが「事がスムーズに運ぶ」一つの方法だと思います。






なぜか?





インストラクターも皆さんの「スキルアップ」を望んでいるからです。





指導の仕方が悪い、とかはインストラクターも日々、いろいろなアプローチで自分の指導力




を磨いています。




「振りを作る」ひとつをとっても、常にクリエイティブでならない訳で、、、。




その中で、どう指導していくのがいいか?




は常に考えています。







多数人を相手に指導しているので、「みんな」が楽しんでもらえるようにも





考える。





「十分だ」って人もいれば




「何か物足りない」って人もいる。






それも、分かっています。





だからこそ、「今」教えてもらっているインストラクターに相談するのを




オススメします。





「上手くなって欲しい」はどちらも共通の「願い」






是非!










最新記事

すべて表示

土臭さ

Comments


bottom of page